小顔に即チェンジ【タイプに合った施術を選ぶことが大切】

顔のサイズを小さくできる

医者と看護師

誰にも知られる事無く

日本では、小顔が良いと言われる事も多く、八頭身とか九頭身という人に対して憧れを抱く人も珍しくありません。とはいえ、元々の骨格を何とかするのは非常に大変なので、結局は諦めるとか、メイクで誤魔化すと言う事も行われています。しかし、実は顔のサイズは骨格だけで大きくなってしまう訳ではなく、それ以外にも顔に着いた脂肪やエラ張り等も大きく影響しているのです。現在では骨格以外の影響による顔のサイズの問題を解消し、希望する小顔の状態に少しでも近づけようとする施術が人気を博しています。特に現在注目を集めているのがボトックスですが、なぜ人気を集めているかというと色々な理由があります。例えば非常に手軽な方法であるだけでなく、アレルギーの心配がないので誰でも試す事が出来ると言うのも理由の一つです。また注射で行うので傷跡が目立ちにくい事や、そもそも注射自体に即効性があるわけではないので、徐々に顔のサイズが小さくなる変化が期待できると言う点等も理由といえます。顔に関するコンプレックスは誰かに話しづらいと言う人も少なくありませんが、その点、ボトックスなら誰にも知られる事無くこっそり行うことも可能です。顔のサイズに関しては小さい方が美しいと言うのが日本の美の基準となっているのですが、小顔整形はその希望を満たす事が出来る施術として注目されています。例えば、エラ張りが原因で顔のサイズが大きくなってしまっている場合は、ボトックスを利用してその問題を解決します。その場合、咬筋の発達がエラ張りの原因となるので、まずはその部位に注射をするのが一般的です。ボトックスは筋肉が収縮しようとするのを阻害する働きが期待できる成分なので、発達した咬筋が徐々に衰えていき、そのサイズが小さくなって行くのを目的として行う施術です。またそれ以外の顔のサイズが大きくなる原因としては、顔についてしまった脂肪が有りますが、これはダイエット、脂肪溶解の両方でアプローチする事が可能です。ダイエットは摂取カロリーよりも消費カロリーを増やす事、さらにマッサージを行って分解しやすくするように働きかけます。脂肪溶解は注射で行い、気になる部位に直接注射をする事でフェイスラインをすっきりさせる効果が期待できます。ボトックスも脂肪溶解も、どちらも注射を利用して気になる患部に直接薬剤を注入する小顔施術の方法となっています。注射をしてからすぐに効果が出るのではなく、大体2、3日後から変化が出てくるので急激な変化がなく、メス等を利用する必要もないので傷が目立ちにくくなっています。勿論切開した時の様に腫れてしまう事も無いので、自然な状態で徐々に小顔に近づける効果が期待出来ます。

Copyright© 2018 小顔に即チェンジ【タイプに合った施術を選ぶことが大切】 All Rights Reserved.